睡眠計

睡眠計

睡眠計

このページは「枕で眠りが変える方法 」の情報コンテンツです。
睡眠計 > 枕で眠りが変える方法

豆知識

枕で眠りが変える方法

ベッドや布団などに比べて、もっとも手軽にいろいろ試すことができるのが枕です。枕が合うかどうかによって、あなたの眠りがずいぶん変わってきます。

枕選びのポイント

人間の体は、重い頭を支えながらバランス良く二足歩行するために、首と腰の骨が湾曲しています。枕の役割は、首の湾曲を無理なく支えながら、敷き布団と頭部、頸部にできる隙間を埋めることです。この隙間は人によって異なるので、人それぞれ合う枕が違ってきます。枕を選ぶときは、高さ・形状・素材がポイントです。体格や首の湾曲具合によって枕の高さは変わってきます。一般に大柄な人よりも小柄な人の方が、低めの枕に適していると言われます。形状は、中央が少し低くなっていると後頭部が安定して落ち着きます。また、寝返りを打って横向きなったときに肩を圧迫しないように、枕の両サイドがやや高くなっている方がいいでしょう。

自分の好きな感触の素材を選ぼう

枕の素材については、自分の好みの感触かどうかがなにより大切です。そばがらやビーズなどの粒状で固めの感触の素材と、羽根や絹わた、ポリエステルなどの柔らかめの感触のものがありますが、使い慣れている感触に近い方が、違和感なく使用できるでしょう。たとえば、そばがらはひんやりして清涼感のある素材ですが、羽根枕になれている場合には、固さに違和感を覚え、がさがさという音が気になってしまうかもしれません。最近話題の低反発ウレタンフォーム枕は、しっとりとした独特の柔らかさが人気の素材です。感触は気持ちが良いのですが、肌に密着するため、夏は暑さが気になったりするかもしれません。同じ素材でもメーカーによって感触や特性も変わってきます。素材の特徴を参考にしながら、実際に横になったときの寝心地を重視して選ぶようにしましょう。

枕一つで眠りを大きく左右する

首は複雑な動きをする上に、気道、血管、神経などさまざまな機能が駐中して通っている敏感な部分です。そのため、枕によって眠りが大きく変わります。寝つきが悪い、肩こりやいびきが気になる、目覚めがすっきりしない、という方は、まずは枕から見直してみてはいかがでしょうか。

睡眠計 激安通販
ExecutionTime: 76 msec / Memory: 7.6 MB