睡眠計

睡眠計

睡眠計

このページは「睡眠を「見える化」できる睡眠計 」の情報コンテンツです。
睡眠計 > 睡眠を「見える化」できる睡眠計

豆知識

睡眠を「見える化」できる睡眠計

体温計や体重計、血圧計など健康を管理するためのさまざまな計測器具がありますが、ついに睡眠を計測できる睡眠計が登場しました。眠っているために自分では気づけなかったことが、睡眠計を利用することで認識できるようになります。

計測はとっても簡単

睡眠を計測するためには、さまざまなやり方があります。病院で行われるのは体のあちこちにセンサーを取り付ける方法です。これは脳波や呼吸、心拍などを正確に測定することができますが、自宅で行うにはかなり手間で現実的ではありません。

オムロンの睡眠計「HSL-101」では、ベッドのそばに置いて、眠るときにスタートボタンを押し、朝起きたときに再度ボタンを押すだけで測定できます。睡眠計の電波センサーが寝返りや呼吸による胸の動きなどを記録して睡眠の状態を計測してくれるのです。体には何も器具を取り付ける必要はなく、とっても簡単に測定できます。

パソコンと連動してより詳細な管理を

睡眠計本体では、睡眠時間や目覚めた時間を一目で確認できます。さらにオムロンが運営する健康管理サービス「ウェルネスリンク」にデータを転送することで、眠りの状態を分類して、時系列にグラフ表示したり、睡眠時間や眠るまでにかかった時間などを一週間分グラフに表示したりと、自分の睡眠の状態を見に見える形で把握することができます。2週間ほどデータがたまるとレポートが表示されます。レポートによって自分の睡眠の特徴が見えて、改善が必要なところがわかるようになっています。

客観的に自分の睡眠を見ることができる

睡眠計を利用することで、曖昧だった自分の睡眠を分析することができます。何となく12時くらいに眠ったと思っていても、実は寝付いたのはもっと遅い時間で、実際の睡眠時間は自分が思っているよりも短かったりします。睡眠計を利用することで、より客観的に自分の睡眠を判断することができるようになります。自分の睡眠の課題点を見つけて、生活習慣を変えて、睡眠の質が良くなるように改善していきましょう。よい睡眠はとることで、日中の仕事や勉強も、よりはかどるようになります。

睡眠計 激安通販
ExecutionTime: 75 msec / Memory: 7.6 MB