睡眠計

睡眠計

睡眠計

このページは「不眠症にならない為の方法 」の情報コンテンツです。
睡眠計 > 不眠症にならない為の方法

豆知識

不眠症にならない為の方法「不眠を気にしすぎてはいけない」

日本は世界でも有数の睡眠薬処方国といわれています。それだけ不眠に苦しんでいる人が多いのです。しかし、薬に頼ることは決して良いことではありません。不眠の仕組みを知って、自分の力で眠れるようにしたいところです。

睡眠時間が短いという思い込み

日本人の一般的な睡眠時間は7時間前後なので、6時間未満の睡眠だと不眠症なのかと不安になってしまいます。しかし、睡眠時間には個人差があり、眠っている時間よりも、仕事や勉強など昼間の活動に影響があるかどうかが一番の問題です。不眠症だと感じている人の多くが精神生理性不眠症であることが多いそうです。精神生理性不眠症というのは、簡単に言えば、自分は眠れないと思い込んでしまい、眠れないことに対して、不安や恐れを感じ、何とか眠らなければという強迫観念に陥って、それで本当に不眠症になってしまうものです。

眠れないときは寝室に行かない

眠れないのに布団の中でじっとしているのは苦痛です。眠れないときはむしろ、寝床を離れて何か他のことをしていた方が良いのです。眠れないと、眠りに神経質になってしまいますが、どんな頑固な不眠症の人でも、結局最後はみんな眠ってしまいます。不眠症で死ぬことはまずありません。眠りはいずれ必ず向こうからやってくるので、本でも読みながらゆっくりと待っていることです。焦って懸命に眠ろうとすると、精神的にもストレスを感じて不眠症がひどくなってしまいます。

不眠症にならないための秘訣

不眠症にならないために最も大切なことは、毎朝、一定の時間に起きることです。たとえ前の晩に遅く寝たとしても、朝は必ずいつもと同じ時間に起きることが大事です。起きるときはさっと起きて、布団の中でぐずぐずして過ごさないようにしましょう。さっと起きて脳のスイッチを切り替えることが重要です。

また、運動は睡眠に良いのですが、激しい運動を睡眠前に行うことは逆効果です。人は体温が下がっていく過程で眠りに入っていきます。ところが、夜に激しい運動をしてしまうと、体温を必要以上に上昇させてしまって、少々のクールダウンでは効果がなく、脳も体も興奮して、なかなか眠れなくなってしまいます。適度な疲れは睡眠を誘発するので、タイミングに気をつけましょう。寝る前はぬるま湯につかるのがおすすめです。体温が少し上昇して、それが落ちていくときに自然と眠気を誘発してくれます。

睡眠計 激安通販
ExecutionTime: 138 msec / Memory: 7.6 MB