睡眠計

睡眠計

睡眠計

このページは「リラックス効果でよい睡眠を得られる入浴法 」の情報コンテンツです。
睡眠計 > リラックス効果でよい睡眠を得られる入浴法

豆知識

リラックス効果でよい睡眠を得られる入浴法

現代人はたくさんのストレスを抱えています。ストレスは不眠症や体調不良を引き起こす要因となります。ストレスを発散して心身をリラックスさせるために入浴はとても効果的なのです。

効果的なお湯の温度と入浴時間

お風呂に入るときのお湯の温度は、37~40℃程度のぬるま湯にゆっくりつかることがおすすめです。副交感神経が刺激されて、気持ちが安らぎます。41℃以上の熱いお湯につかると、交感神経が刺激されて、目が覚めてしまいます。体を芯からほぐすには20分程度お湯につかっておく必要があります。ただし、これだけの時間、肩までお湯につかっていると、水圧によって心臓や肺に大きな負担がかかり、かえって体にストレスがかかります。入浴でリラックスするためには、みぞおち下までのお湯の量の半身浴が最適です。

入浴剤をつかってさらにリラックス

市販の入浴剤にはさまざまな香りがあるので、まずは自分好みの香りから楽しみましょう。不眠の解消にはラベンダー、ストレスを取り除きたいときはローズマリーと、その時々の気分や体調によって変えてみるのも良いでしょう。血行促進や保温を高める効果は市販の入浴剤にもありますが、柑橘類の皮など自然の植物を入れるのも効果的です。冬至によく利用される柚子湯は、実際に体を温め、疲労回復を促進してくれます。生姜湯も新陳代謝を促進するのでおすすめです。

入浴の時間帯に気をつけよう

私たちが眠るときは、体温が下がっています。よくドラマや映画で吹雪の中遭難して、寒さで眠ってしまう場面がありますが、まさに体温が下がることで眠くなります。逆に体温が高い状態では、なかなか寝付けません。入浴することで、心身共にリラックスして、寝付きやすくなります。しかし、寝る直前ではその効果も薄れてしまいます。床につく1時間くらい前までに入浴を済ませるのが理想的です。温まった体が徐々に冷えていく過程で、眠くなっていきます。体温が上がったままで眠ると、なかなか寝付けないだけでなく、眠りが浅くなり、翌朝の目覚めも悪くなってしまいます。

睡眠計 激安通販
ExecutionTime: 105 msec / Memory: 7.6 MB