睡眠計

睡眠計

睡眠計

このページは「子供の睡眠は小さいときに改善を 」の情報コンテンツです。
睡眠計 > 子供の睡眠は小さいときに改善を

豆知識

子供の睡眠は小さいときに改善を

大人の生活が夜型になっていくにつれて、子供たちの生活も夜型になってきています。しかし、夜型の生活は、睡眠不足になり、昼間の活動に悪い影響を及ぼしてしまいます。

子供の睡眠は母親の睡眠習慣に大きく影響される

小学生くらいまでの子供たちの半数以上は、親と同室で眠っています。これは日本の住宅事情にもよりますが、親の睡眠習慣が子供の睡眠習慣に大きく影響することを意味しています。そのため、規則的な睡眠をとっている親に育てられた子供は規則的に眠る習慣を身につけるようになります。逆に、親の睡眠が不規則だと、子供の睡眠も不規則になりやすいのです。ただ、注目すべきなのは、父親が不規則でも母親が規則的な睡眠をとっていると、子供も規則的に睡眠をとる傾向があります。この頃の子供たちは、主に母親の手によって育てられることが多く、母親の睡眠習慣の影響を受けやすいのです。

夜型の生活を続けると睡眠不足に

現代人の生活環境は昔に比べて夜型になっています。親が夜型の生活をしていると、子供も夜遅くまで起きていることが多いのです。幼稚園や小学校に通うようになると、起きる時間は決められてしまいますから、夜型の子供はどうしても睡眠時間が短くなってしまいます。寝不足だと必然的に昼間の活動の質は低下してしまいます。寝不足が続けば、脳と体の機能維持は回復に障害が生じてしまいます。注意力不足、集中力の低下、学習能力の低下、感情コントロールの機能障害などを引き起こしてしまいます。子供の頃の睡眠習慣は、高校、大学と大きくなってもなかなか変わることはありません。小さいうちにしっかりとした睡眠をとるようにしつけておくことが大切です。

元気な子供は朝型で規則的

不健康な眠りは昼間の活動に大きな影響を及ぼします。睡眠の質が良くない子供の症状は、昼間の居眠りとなって表れます。朝型で規則正しく寝起きしている子供の8割近くが昼間、居眠りをしませんが、夜型で不規則な子供の7割近くが昼間、居眠りをしてしまっているというデータもあります。昼間居眠りをしていては、学校の成績にも影響を及ぼすでしょう。たとえ、親が仕事のために夜型の生活をしなければならないとしても、子供の生活リズムは朝型にしてあげることが大切です。

睡眠計 激安通販
ExecutionTime: 134 msec / Memory: 7.6 MB